スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

借金の一部をなかったことに・・・

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか? 決算書編
アメリカ合衆国では、サブプライムローンの焦げ付きで、金融不安を生まないよう借金の一部を免除する『徳政令』が発せられるそうです。

日本においてはどうか、数百万人とも言われる、多重債務者とその予備軍。また、ワーキングプア、ネットカフェ難民、格差拡大などなど、物価上昇もあって、生活苦を訴える声は日々高まるばかりです。
先の国会において、出資法と利息制限法の間での、いわゆるグレーゾーン金利は、金利の上限を18~20%ととすることで、決着を見ましたが、消費者金融各社では「新規の借り手に対して適用する」という対応とっているようです。

裁判において『無効』という決着を見ている、高金利に関しては、日本においても、『徳政令』がとられてしかるべきでしょう。
買いすぎは禁物だけど・・・

すべての債務を免除など出来ないでしょうし、また、すべきではないでしょう。
安易なローン利用者を増やすべきではない、という点から(すでに債務のある)法の改正前に利用した者のみ対象とするべきでしょう。

たとえば、3割の免除があった場合、100万円の債務ある者が70万円に減額、こういった施策こそ、真の意味で、再チャレンジ施策ではないのか?
国民生活に重点をおいた行政を志向する内閣において、徳政令の実施は、多くの国民の望む、重点政策にふさわしい、と考えます。消費者重視の方針を打ち出した、福田総理の意向にも沿うものとなります。

速やかな政治決断と実施・実現を求めたい...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


おもしろ法律相談所



おもしろ法律相談所
スポンサーサイト

2007年12月08日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:1

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!
年功序列とは、勤続年数や年齢に応じて役職や賃金が上昇する人事制度 http://dampish.misterblackband.com/

2008年11月23日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。