スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

米国景気に後退懸念 歳末商戦も伸び悩み

ポール・スローンのウミガメのスープ(4)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000952-san-int
 【ワシントン=渡辺浩生】米経済がリセッション(景気後退)入りするとの観測が急速に広がっている。低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)の大量焦げ付きによる信用不安や住宅不況、ガソリン高が投資家や消費者心理を冷やしているからだ。ドル安も止まらない。景気の“先行指標”クリスマス商戦も伸び悩みが指摘され始めた。米連邦準備制度理事会(FRB)に対する利下げ圧力が再燃している。

 ■予測不能な影響力

 「市場は景気後退が近いという合図を送っている」(米紙ウォールストリート・ジャーナル)。

 サブプライムローンの大量焦げ付きで金融市場が動揺した今夏以降、FRBは「予防措置」で計0・75%の利下げを断行してきた。
買いすぎは禁物だけど・・・

7~9月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比3・9%増と依然堅調で失業率も4・7%と低水準。平均賃金も上昇を続ける。

 それなのに悲観シナリオがここにきて広がりを見せているのは、「われわれには比較できる経験がない」とサマーズ元米財務長官も26日付の英紙フィナンシャル・タイムズへの寄稿で指摘しているように、サブプライム危機が経済全体にどれだけ悪影響を与えるのか見通しが困難なためだ。

 米住宅市場はローン滞納による差し押さえ件数の倍増で在庫が膨らみ全米規模で下落を続ける。しかし、こうした深刻な住宅不況を、米国は1930年代の大恐慌以来、経験していない。

 住宅ローンを組み込んだ金融商品の評価損は膨らみ、シティグループやメリルリンチなど米大手金融グループの損失は依然「全体像が見えない」(邦銀アナリスト)...

ニュースの続きを読む


10パーセント脱力生活(オカネ篇)



10パーセント脱力生活(オカネ篇)
スポンサーサイト

2007年12月08日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:1

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!
医療用医薬品は、薬事法によって規定されている、医師または歯科医師が直接用いるか、処方もしくは指示のもとで使用される医薬品のことです http://daedal.victoriaclippermagazine.com/

2008年11月27日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。