スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

<原油高>個人消費直撃のおそれ、年末商戦は「厳冬」?

消費者法の比較法的研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071122-00000173-mai-int
 【ワシントン斉藤信宏】原油価格が100ドルの大台目前まで高騰した。まもなく年末商戦が本格化する米国で個人消費の冷え込みを懸念する声が強まっている。感謝祭翌日の金曜日(23日)は、米国では「ブラックフライデー」と呼ばれている。消費者が一斉に大量の買い物に走り、百貨店やスーパーマーケットなどすべての小売店が黒字になるという意味だが、実際にこの金曜日から12月のクリスマスまでの年末商戦での個人消費の動向が、米国経済の先行きを占う重要な指標になると言われている。

 ところが今年は、直前まで低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き問題が金融市場を揺さぶった上に住宅市況も低迷。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


コンビニ生活を更に充実させるクレジットカード!
クレジット



住宅が売れなければ家具や自動車、家電製品といった大型の耐久消費財も売れなくなるため「年末商戦の売り上げは例年ほど楽観できない」(大手小売業幹部)と、多くの企業が厳しい見通しを立てている。そこに追い打ちをかける原油の高騰で、米国消費者の財布のひもはさらに堅くなりそうだ。

 国際通貨基金(IMF)が「(原油高は)供給不足ではなく、新興国の需要の増加に起因しており、世界経済に及ぼす影響は限定的だ」との見方を示すなど、原油高騰の影響は比較的小さくて済むと見られてきた。ただ、「消費者がガソリンと家庭用暖房油の価格高騰を懸念しているのは明らか」(全米信用組合連盟)で、サブプライム問題で不安を抱える米国経済には大きな打撃となる恐れもある...

ニュースの続きを読む

金融論入門


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年11月23日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:1

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!
マンション維持修繕技術者とは、マンション管理組合から依頼を受けた管理業務主任者などのスペシャリストと連携して、建築物の調査診断から修繕設計、工事監理などの業務を行うのが仕事 http://waddle.stepuptechnologies.com/

2008年12月11日 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。