スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

【台湾】Q3経済成長6.92%、輸出好調で急伸

借金しすぎて返せない人へ
 行政院主計処は22日、第3四半期の経済成長率(GDP、域内総生産ベース、速報値)は6.92%だったと発表した。輸出が好調であるほか、製造業の生産も予測を上回っていることなどにより、前期のGDP実質成長率5.24%から急成長した。

 第3四半期の外需は、輸出がプラスチック・化学製品、電子製品、電機、機械が好調で、昨年同期比11.1%成長した。輸出の経済成長への貢献度は3.1ポイントだった。
 
 内需は民間消費が昨年同期比3.5%成長した。民間の固定資産投資は6.5%成長。特に機器設備は半導体メーカーの設備投資によって12%増えている。政府による消費は1.7%増、公共投資は0.3%減。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


コンビニ生活を更に充実させるクレジットカード!
クレジット



これらの内需の経済成長への貢献率は3.8ポイントとなった。
 
 生産面では、工業が10.1%成長。特に製造業の成長率は11.3%に上った。サービス業は5.5%成長。うち金融・保険が12.5%、卸・小売が6.9%となっている。
 
 ■通年成長率は5.46%予測
 
 主計処は今年の展望について、内需が安定的に成長していることなどから、第4四半期のGDP成長率は5.43%、通年のGDP成長率は5.46%と予測している。
 
 また通年のGNP総額は12兆9,208億台湾元(約43兆円)、1人当たりGNPは1万7,252米ドルとしている。
 
 物価については、原材料や原油価格高騰などにより、卸売物価指数(WPI)は8月時点の予測5.2%を上回る5.9%、消費者物価指数(CPI)は8月時点の予測1.5%をやや上回る1.65%になると予測した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

消費者のための法学


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年11月23日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:1

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!
和裁検定とは、和裁に関する知識と技能を判定する検定試験で、東京商工会議所が主催する http://epsode.ellingtonrecords.com/

2008年12月14日 和裁検定 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。