スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

全銀協会長が景気減速予想、サブプライムはリスクとして限定的

クレジット・サラ金トラブル解決マニュアル追補版
 [東京 20日 ロイター] 全国銀行協会の奥正之会長(三井住友銀行頭取)は20日の定例会見で、日本の景気の先行きについて、今年下期から来年初めにかけて少し減速するのではないかとの見通しを示した。
 一方、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン) 問題が銀行決算に与える影響については、影響は受けているもののリスクとしては限定的との認識を示した。
 奥会長は、07年7─9月期の実質GDPの伸び率や輸出が堅調だったことは、景気の底堅さを示す材料と指摘した。一方で、景気の下振れリスクも出てきていると述べた。
 具体的には、建築基準法の改正の影響で建築着工に遅れが発生していることや、原油高、株式市場の低迷などで「心理的影響が出ている」と語った。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


コンビニ生活を更に充実させるクレジットカード!
クレジット



今後は、サブプライム問題を背景に進む対ドルの円高が、下期にどう影響するかが注目と述べた。
 また、日本の景気減速が銀行決算に与える影響は「すぐに出てくるわけではない」と述べたが、低迷が長期化すれば、中小零細企業の倒産増加などで、クレジットコストの増大につながる可能性もあると懸念を示した。
 大手行は、9月中間決算でサブプライム関連商品の保有残高などを開示してきたが、奥会長は「問題はその後どういう風なことができるかだ」と指摘した。その理由として、各行によって保有する証券化商品の中身が違うほか、証券化商品の値付けが正常に行われていないマーケット環境のため、評価損の計上基準が銀行によって違う場合があると指摘...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

クレジット・サラ金トラブル解決マニュアル追補版


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年11月22日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。