スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

白バイとバスの衝突事故、「証拠捏造はない」と一審支持

☆即日発送可能!!☆【ステッカー ライス】 RICE 28 " MARK 小 "

2006年3月、高知県春野町内の国道56号に隣接する飲食店駐車場から進出しようした際、高知県警・交通機動隊の白バイと衝突する事故を起こし、警官1人を死亡させたとして業務上過失致死の罪に問われた53歳の男に対する控訴審判決公判が10月30日、高松高裁で開かれた。裁判所は一審判決を支持。禁固1年4か月の実刑を命じている。

問題の事故は2006年3月3日の午後2時35分ごろ発生した。春野町弘岡中付近の国道56号で、道路に隣接する飲食店駐車場から進出してきたスクールバスと、走行中の高知県警・交通機動隊の白バイが出会い頭に衝突。白バイは転倒・大破し、運転していた26歳(当時)の隊員が全身強打で死亡した。

検察は路面に残されたブレーキ痕から「低速走行中のバスと、走行していた白バイが衝突した」と判断。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


コンビニ生活を更に充実させるクレジットカード!
クレジット



スクールバスが安全確認を怠り、反対車線側へ右折するために漫然と進出したことが事故の主因と断定し、運転してた男を業務上過失致死罪で起訴。一審の高知地裁はバス側の一方的な責任で事故は生じたとして、禁固1年4か月の実刑を命じた。

これに対して弁護側は「事故当時、バスは反対車線側へ右折するために停止しており、そこに高速度で進行してきた白バイが衝突した」と主張。最大の証拠であるブレーキ痕については「事故当時に被告への確認がなされておらず、証拠写真のブレーキ痕は不自然である」として、警察による証拠の捏造を示唆。高松高裁へ控訴していたが、高松高裁は被告側が新たに提出した目撃証言や、交通事故鑑定人による鑑定結果などの証拠を一切採用せず、控訴審は1回で結審となった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

☆即日発送可能!!☆【ステッカー ライス】 RICE 28 " RICE TWENTY EIGHT 小 "


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年11月16日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。