スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

DJ-【米国債市場概況】FOMC控え、米国債価格はほぼ横ばい

経済要覧(平成11年版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000008-dwj-brf
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)30日の米国債市場では、31日に米連邦準備制度理事会(FRB)の金利政策決定を控え、国債価格はほぼ横ばいとなった。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、投資家が持ち高調整を行うなか、活発な取引が行われたが、終盤は比較的落ち着いた展開となった。序盤では、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のFEDウォッチャー、グレッグ・イプ記者の記事で、利下げ決定が既定路線とは言えないとの見方が示されたため、米国債価格は下落した。イプ記者によると、市場予想以上に利下げよりも金利据え置きが決定される可能性が高いとしたうえで、FRBは金利を据え置いたうえで、政策声明により今後の利下げに含みを持たせるかもしれないと指摘した。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


コンビニ生活を更に充実させるクレジットカード!
クレジット



またもう一つの可能性として、今回は利下げに踏み切ったうえ、声明で今後の追加利下げ観測を退けるということも考えられるという。9月に0.50%の利下げがあったが、金融市場は依然として低迷しているうえ、経済統計も弱気を示していることから、投資家の間では、今回0.25%の利下げが決定されると予想する向きが多い。米国債市場では、投資家の間での利下げ観測に対する動揺が走ったとして、同紙の記事が圧迫要因となった。「方向性の乏しい1日だった」とリーマンブラザーズの米国債取引部門ヘッド、スコット・ゲベルツ氏は述べ、本日の「出来高は極めて少なかった」ことを指摘した。また、長期ゾーンの価格は、金利を固定したい新規起債者の売りに影響された可能性もあるという...

ニュースの続きを読む

金融機関コンプライアンス法規便覧


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年11月16日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。