スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

【全日本キック】軽量級の魔裟斗だ!山本真弘が大月晴明を破りトーナメント制覇

アイアンマン2007年9月号増刊『Fight&Life』Vol.02
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000000-gbr-fight
ATHLETIC ENTERPRISE&ALL JAPAN KICKBOXING PRESENTS「浪漫」
「Kick Return/Kickboxer of the best 60 トーナメント~決勝戦~」
2007年10月25日(木)東京・代々木第二体育館
開場17:00 本戦開始18:00
※オープニングファイト17:20~

 60Kg以下級のベスト・キックボクサーを決定する「Kick Return/Kickboxer of the best 60 トーナメント~決勝戦~」が行われ、日本が生んだ不世出の天才キックボクサー・藤原敏男の愛弟子である全日本フェザー級チャンピオン山本真弘(藤原)が優勝を勝ち取った。

 完勝だった。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


コンビニ生活を更に充実させるクレジットカード!
クレジット



準決勝では全日本スーパーフェザー級チャンピオンの石川直生(青春塾)との3度目の対決を1Rに右ストレートでダウンを奪って勝ち、決勝では“豪腕”の異名を持つハードパンチャー大月晴明(AJKF)から2Rに左フックでダウンを奪って勝利。計8Rもの長丁場を戦い抜き、“ベスト・キックボクサー”の座に就いた。

 真弘はジャブ、ステップ、サークリングや高度なディフェンステクニックを駆使し、倒せるパンチも使いながら終始テクニカルに闘った。そのテクニックの冴えはまさに“軽量級の魔裟斗”と呼ぶにふさわしい。

 先輩の小林聡が引退、エース級の活躍を見せてきた大月と石川を破り、昨年1月には山本元気にも勝って全日本フェザー級王座に就いている山本真弘。これで名実共に全日本キックのエースの座に就いたことになる。真弘には優勝賞金500万円が贈られた...

ニュースの続きを読む

アイアンマン2007年9月号増刊『Fight&Life』Vol.02


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年11月13日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。