スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

国際帝石など、インドネシアLNG開発で権益を追加取得

【携帯容器付】 【1,500粒入】 クロレラキングDX

国際石油開発帝石ホールディングス、三菱商事、、新日本石油、三井物産は、兼松が保有するケージーベラウ石油開発の株式40.7%を取得することで合意した。

ケージーベラウ石油開発は、インドネシア共和国でタングーLNGプロジェクトの上流権益(生産分与契約)を構成するベラウ鉱区の権益を12%保有し、タングープロジェクト全体の8.6%の権益を保有する。

三菱商事、国際石油開発帝石ホールディングスは、三菱商事が56%、国際石油開発が44%を出資するMIベラウを通じて、タングーLNGプロジェクトですでに16.3%の権益を保有している。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?



新日本石油は、新日本石油開発が51%、石油天然ガス・金属鉱物資源機構が49%出資する日石ベラウ石油開発を通じてタングーLNGプロジェクトですでに12.2%の権益を保有している。さらに、三井物産は子会社を通じて1.0%の権益を保有する。

今回の株式取得を通じて、三菱商事・国際帝石は権益を17.7%、日石は13.5%、三井物産は2.3%に増加させて事業拡大を図る。

兼松が保有するケージーベウラ石油開発の株式のうち、MIベウラが16.5%、国際帝石は新日本石油開発が14.2%、三井物産の子会社が9.9%取得する。




(引用 livedoorニュース)

いーぐる⇒ Video 劇場版 フランダースの犬【Video★アニメ】 BANDAIVISUAL BES-1703


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年10月16日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。