スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

WSJ-米金融各社、信用収縮の副産物で利益押し上げ

消費者法の比較法的研究
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000022-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)債券市場の混乱で、米大手証券各社の四半期決算はあたかもルーレットゲームかのようだった。そのなかで、勝ちを保証されたも同然の部分が1つあった。債務の市場価値の縮小による利益だ。

このため数億ドルの利益を計上することになり、レバレッジド・バイアウト(LBO、買収先企業の資産を担保とした借り入れによる買収)の資金調達契約にかかわる数十億ドルの特別費用を相殺できた。

一部の銀行も、同様に自らの逆境の恩恵を受けるかもしれない。アナリスツ・アカウンティング・オブザーバー(AAO)によると、米シティグループ(NYSE:C)、バンク・オブ・アメリカ(NYSE:BAC)、JPモルガン・チェース(NYSE:JPM)など、10月に四半期決算発表を控えている金融大手は今年、自らの負債の一部を時価評価する方法を選択した。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?





つまり、これら各社も、今夏の信用収縮の間に債務の価値が低下して利益を押し上げた可能性がある。AAOは「第3四半期にはそうした例が珍しくない」としている。これら3社の関係者はコメントを避けた。

証券会社や銀行がこうした利益を計上することは、誤りでも不適切でもない。これら各社が依拠している会計規則は、こうした利益の計上を認めている。だが一部の投資家は「会計基準を、そのような利益の計上を認めるように変更すべきではない」と非難している。

この利益計上の仕組みはこうだ。ある銀行が発行した1億ドル相当の債券の価値が5%(500万ドル)下がったとする...

ニュースの続きを読む

電子取引と法


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年09月28日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。