スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

「為替」 「本日の東京外為市場概況(115.20)」 /ドル・円東京為替市場概況

経済要覧(平成11年版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000033-fis-brf


[ドル・円東京為替市場概況]
*16:55JST 「本日の東京外為市場概況(115.20)」 
28日の東京外為市場のドル・円は、期末仲値が本邦輸出企業からのドル売り、本邦
機関投資家からのレパトリ(外貨建て資産売却・円資金還流)で余剰となったこと
で、115円64銭から114円90銭まで下落した。ユーロ・円も本邦機関投資家からのレ
パトリで163円72銭から162円69銭まで下落した。
ユーロ・ドルは1.4146ドルから1.4183ドルまで堅調推移。
ポンド・ドルは、2.0196ドルから2.0295ドル、ドル・スイスは、1.1700フランから
1.1740フランで推移。
豪ドル・円は101円86銭から101円18銭、NZドル・円は、87円29銭から86円59銭、カ
ナダ・円は、115円44銭から114円67銭、ポンド・円は、234円53銭から232円40銭で
推移した。仲値:115円40-46銭
17時現在相場水準:ドル・円115円20-25銭、ユーロ・円163円25-30銭
中国人民元:始7.5100元、高7.5140元、安7.5034元、7.5115元付近で推移
NYMEX原油先物時間外取引:始82.95ドル、高83.38ドル、安82.90ドル、83.24ドルで
推移
日経平均株価:始16,903.64円、高16929.26円、安16755.21円、終16785.69円(-
46.53円)。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?




【経済指標】
日・8月消費者物価指数:総合前年比-0.2%、コア指数(除く生鮮)前年比-0.1%、コ
アコア指数(除く食料・エネルギー)前年比-0.2%
日・8月全世帯消費支出:前月比 0.4%、前年比 1.6%
日・8月完全失業率:3.8%、有効求人倍率:1.06倍
日・8月鉱工業生産速報:前月比 3.4%、日・8月鉱工業出荷:前月比 4.3%、在
庫:前月比 0.3%
日・鉱工業生産予測:9月前月比-0.8%、10月前月比 4.1%
日・8月小売業販売額:前年比 0.5%
日・対内外証券投資(9/16-22):対外債券投資:1兆0756億円の流出超/
対内債券投資:1兆1600億円の流出超/対内株式投資:1570億円の流出超
日・8月新設住宅着工戸数:前年比-43.3%(過去最大の下落)
NZ・第2四半期国内総生産(GDP):前期比 0.7%、前年比 3.2%(経常赤字:対GDP比-
8.2%)
第1四半期GDP:前期比 1.2%、前年比 2.5%(経常赤字:対GDP比-8.5%)
独・8月小売売上高:前月比-1.4%(予想 0.4%、7月 0.6%← 0.3%)
仏・第2・四半期国内総生産(GDP):前期比 0.3%(速報 0.3%、前期 0.5%)
【要人発言】
中国人民銀行(見通し発表)
「2007年:インフレ率4.6%、GDP伸び率 11.6%、貿易黒字2500億ドル」
「2008年上期:インフレ率約5.0%、GDP伸び率 10.8%」
ミシュキンFRB理事
「引き締め気味の金融政策とインフレ期待の抑制が、近年の低インフレに貢献して
きた」
「欧州はドル相場に応じた柔軟性が必要」
アルム二ア欧州委員
「ドルの下落を懸念している」
「米国の通貨当局とドル高政策の一貫性に関して話し合いたい」
「ユーロ高はユーロ圏の輸出業者にとってはマイナスだが、原油価格上昇の影響を
緩和」
もし日本の経済が100万円とかだったら


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年09月28日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。