スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

飛ぶトリ落とす勢いの日本の EC 市場…EC 国内市場について

コールセンター白書(2005)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070928-00000008-inet-inet
今、日本の EC 市場が熱い。みなさん「Web ブランド調査」というものをご存じだろうか?日経 BP コンサルティングが国内主要企業が運営する800サイトのブランド力を四半期ごとに算出するもので、コンテンツの認知度、アクセス数などの評価をアンケートにより集計したものである。下記は「Web ブランド調査2007-III」(4月~5月実施)の結果だ。

 1 Yahoo! JAPAN
◎2 楽天市場
 3 Google
◎4 Amazon.co.jp
◎5 Yahoo!オークション
◎6 価格.com
◎7 Yahoo!ショッピング
 8 Infoseek
 9 ぐるなび
 10 ヤマト運輸

この結果をみると実に上位10位中の半数が EC サイト、もしくは EC と密接に関連したサイトである事がわかる(該当サイトには◎を付加)。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?



ネットを利用したショッピングがいかに日常に浸透しているか、その威力を発揮しつつあるかが読み取れる。

統計を見てみると日本の BtoC 市場(消費者向け電子商取引)は、2005年度は3兆4,560億円、2006年度は4兆3,910億円(経済産業省調べ)となっている。そして今後さらに拡大していくと見られている。この市場拡大、読み解くと単にネット上の店舗の数が増えているだけではない。では上記のような右肩上がりの数値は、いったいどこから生み出されているのか。過去1~2年の EC 市場の特徴から言えば、大きく次の理由が挙げられる。

1.消費者の成熟と EC 市場の信頼性が増したため、ネットで売れるものの種類が幅広くなった
昔(と言っても5、6年前くらいであろうが…)ネットショッピングで売れるものの定石としては、「ここでしか手に入らないもの」「実際に見なくてもわかるもの」「価格の安さ」が挙げられていた...

ニュースの続きを読む

数学的ひらめき


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



スポンサーサイト

2007年09月28日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。