スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

ため息も厳禁![中学受験合格言コラム]

【新品】【仕事運】『浄化済商品』【高級天然タイガーアイ(虎目石)&極上天然クリスタル 開運...
先週は、親が無口になると子どもが怖がるという話だった。今週は、「ため息」の話。

2学期以降は、実力テストや模擬試験などお子さまの力を測る機会が多々ある。テストの結果を最初に手にするのは子ども自身であろう。
良い結果を残せなかった子どもは、多少の危機感を抱きながら親にその報告をする。そしてその時の親の反応は、子どもにとって判断を確定する材料になる。

たとえば偏差値も良く、自分で良くできたと思っている試験があったとする。おそらく、先生もほめてくれたであろう。そんな場合でも、最後は親に見せて「良くできた!」を言ってもらい安心したいのである。
「良いのか、悪いのか」の最終判断をしてもらわないと、やはり不安なのだ。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?





逆に悪い結果の時も同じで、自分でも悪いとは思っているが、やはり最後の判断は親の一言である。
いくら悪くても、「ここをがんばれば良い」などのアドバイスをもらえれば、それだけで不安はやわらぐ。何の不安かと言えば、「自分はもう見放されたか?」という不安である。
「アドバイスなんてとてもできない」というご両親もいるかもしれないが、お子さまの話を聞いてあげるだけで良い。

たとえば
母「今回は国語が良くないね。どうしたの」
子「論説文に時間がかかり過ぎて、物語文をやる時間がなくなったんだ」
母「どうすれば良かったのかな?」
子「そうだな、やはり時間配分をきっちり守るべきだった」
母「それじゃ次からはその点に気を付けようね」
という具合だ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

ポケバイ★ATV四輪バギー・モデル★TYPE1赤♪49cc PL保険対応【連続SA0921】


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中




ツール詳細



スポンサーサイト

2007年09月21日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。