スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

Plastic Tree、デビュー10周年で見せた渾身の日本武道館ライヴ

七五三 リボン・髪飾り
今年でデビュー10周年を迎えるヴィジュアル・ロックバンド、Plastic Treeが8日、初の日本武道館公演を行なった。当日のライヴレポートが到着したので、お届けする。

この日のチケットは即日完売しているということから、ファンにとっても待ちに待った日本武道館公演だったよう。彼らの勇姿を見るべく集まったファン達で満員の会場は、開演前からすさまじい熱気を放っていた。

客電が消え、白い幕にバンドロゴが映し出されると一斉に歓声が上がる。緑の木をバックに1曲目は幻想的な「眠れる森」でライヴがスタート。「遊ぼうぜ~、武道館!!」と、有村竜太朗(Vo)による独特なリズムのMCを時折挟みつつ、スローなナンバーからアグレッシヴなナンバーまで様々な楽曲を演奏し、オーディエンスを楽しませた。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?





そして「ツメタイヒカリ」では、12本の弦をバックに上から雪が降る演出も。その後、『10分でわかるプラスティック・トゥリー講座』なるフィルムが上映され、メンバーのお茶目な一面が垣間見えるエピソードを盛り込んだバンド・ヒストリーに、会場は笑いの渦に巻き込まれた。

衣装チェンジした後半は、「空中ブランコ」のドラム・ソロでスタート、舞台各所から続々と炎が燃え上がり、一転してハードな雰囲気に切り替わる。「Ghost」「メランコリック」とライヴ定番のアグレッシヴなナンバーで入魂の演奏が続く中、「真っ赤な糸」でキメのMCの後にイントロが流れず、流れてきたと思ったら曲が違うという二重のハプニングが発生...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

1円からのわくわくどきどきオークション♪【連続SA0921】女児 cute rose【サイズ110】【黒】海...

スポンサーサイト

2007年09月21日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。