スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

<米FRB>政策金利を0.5%引き下げ4.75%に決定

正しく儲ける「起業術」
 【ワシントン木村旬】米連邦準備制度理事会(FRB)は18日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を年5.25%から0.5%引き下げ、4.75%とすることを全会一致で決め、即日実施した。FF金利の引き下げは03年6月以来4年3カ月ぶり。米国の低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付き問題に端を発した信用不安と景気悪化を防ぐため、大幅利下げに踏み切った。これを好感し、日米の株価は全面高の展開となった。
 日銀も19日、追加利上げ見送りを決める見通し。欧州中央銀行も6日に政策金利引き上げを見送っており、日米欧の中央銀行は世界経済の失速回避と市場の安定を優先する姿勢を鮮明にする。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?




 利下げ幅が0.5%になったのは、02年11月以来4年10カ月ぶり。FRBは、資金繰りが困難になっている金融機関に融資する金利である公定歩合も年5.75%から0.5%引き下げ、5.25%とした。公定歩合は、金融市場が混乱した8月17日に緊急に0.5%引き下げており、これに続く措置。
 FRBは利下げ決定後に出した声明で、市場の混乱が景気を停滞させる可能性を指摘。大幅利下げは「市場の混乱による景気への悪影響を未然に防ぎ、緩やかな成長を促進する狙い」と説明した。今後の金融政策については「物価安定と持続的成長のため必要な行動を取る」とし、物価にも目配りしながら追加利下げに含みを残した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)

正しく儲ける「起業術」

スポンサーサイト

2007年09月19日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。