スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!

Parallelsがサーバ用仮想化製品を準備中、その勝算は?

経済要覧(平成11年版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070914-00000010-cnet-sci
 サンフランシスコ発--仮想化技術を扱うSWsoftの子会社で、「Mac OS X」マシンでもWindowsプログラムを稼働可能にする仮想化ソフトウェアで有名なParallelsが、サーバ市場に参入しようとしている。

 Parallelsでコミュニケーション部門担当ディレクターを務めるBenjamin Rudolph氏が米国時間9月13日、「VMworld 2007」で語ったところによると、同社の新製品となるソフトウェア「Parallels Server」はまだアルファ版の段階だが、4週間ないし6週間のうちにベータ版を公開する計画だという。最終製品の出荷開始は2007年末か2008年の初頭になる予定だと、同氏は説明した。
最新資産情報は・・・<% key
%>ランキング


その他の情報は?





 しかし、世の中はさらなるハイパーバイザを必要としているのだろうか(ハイパーバイザとは、1台のコンピュータをバーチャルマシンと呼ばれる複数のコンパートメントに分け、複数のOSを稼動させるもので、仮想化のベースとなる技術だ)。すでに市場には圧倒的優性を誇るVMwareの製品があり、その他にも競合するXenSourceのオープンソース製品「Xen」シリーズや、Red Hat、Novellなどの製品がひしめいている。さらに、2008年にはMicrosoftも「Windows Server 2008」向けの仮想化ソフトウェア「Viridian」(開発コード名)のリリースを計画している。

 この点については、Rudolph氏も懸念はあるという。しかし、Parallelsは、現時点でまだ仮想化を試していない中小企業を当初のターゲットとし、そこから市場を拡げていきたい考えだ...

ニュースの続きを読む

コールセンター白書(2005)

◆消費者 金融 比較関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年09月15日 クレジット関連ニュース トラックバック:0 コメント:0

クレジットはわかりづらくない?TOPに戻る
他の金融情報ランキングを見る♪ もっとクレジット情報を!












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。